どのような点に注意をして、フォトフェイシャル治療を受けるべきでしょう。デメリットとして考えられるのは、フォトフェイシャル治療は医療行為に含まれることです。医師のいない場所では治療を受けることができないことになります。フォトフェイシャル協会の情報を参考にすれば、フォトフェイシャル治療ができる施設がわかります。フォトフェイシャル協会に入っているかどうかは、フォトフェイシャル協会のブランドロゴサインがあるかどうかで判断できます。
フォトフェイシャルによる治療で考えられるデメリットは、治療を受けられないケースがあるということです。妊娠中の人、糖尿病の人、極度の日焼けやアトピー性皮膚炎で皮膚の状態が良くない人、光線過敏症の診断を受けている人などは、フォトフェイシャル治療は避けた方がいいでしょう。
フォトフェイシャルを受ける時は、お金と時間についても知っておきましょう。フォトフェイシャル治療は一定の期間をおいて、3〜8回程度の照射を繰り返さなくてはならないため、治療期間に数週間を必要とします。人によってはスケジュール調整が難しいことがあります。
また、金額は1度当たり1〜5万円かかります。フォトフェイシャル治療に限らず、どの美容施術にも言える事なのですが、治療後の効果については個人差があります。フォトフェイシャル治療は万人に広く効果があるというわけではないことは知っておきましょう。





時間とお金がかかるのは厳しいねぇ。。。